講師プロフィール

渕上久美埜 Kumino Fuchigami(Rosen Method Movement Teacher)

 

日本で最初のローゼンメソッド・ムーヴメント・ティーチャーとして2012年より活動

 

立教大学文学部史学科卒業

木山演劇事務所第6期生修了

 

1994年 渡米。ニューヨークのリー・ストラスバーク研究所、HBスタジオ、フィル・ガシー・スタジオで演劇を学ぶ。 (ダンス経験:バレエ、ジャズ、タップ、日舞、ジャワ舞踊、インド舞踊、フラダンス等)

 

2003年 ニューヨーク・サイコドラマ研究所にてLouise Lipmanに師事。2006年までザーカ・モレノのワークショップに参加。

 

2006年 サンフランシスコの大学院 CIISでドラマセラピーを学ぶため、カリフォルニアに移住。

 

2008年 CIISのワークショップでマリオン・ローゼンと出会い、ローゼンメソッドを学び始める。

 

2011年 ローゼンメソッド・ムーヴメント・ティーチャーの資格取得。

 

2012年 18年間の滞米後、日本に帰国。被災地・石巻での体操ボランティアを皮切りに、ローゼン・ムーヴメントを日本に紹介し始める。

 

2013年より、ローゼンゆるRMムーヴ主宰。東京の高齢者向け住宅、整骨院、銭湯カフェなどでクラスを行う。

​2014年より、ソマティック心理学協会フォーラム&フェスタでローゼン・ムーヴメントの講座を担当。

2019年 11年越しのボディワーク・トレーニングを終え、ローゼンメソッド・ボディワーク・プラクティショナーの資格取得。

 

現在、神奈川県西部を中心にワークショップなどを開催し、ローゼンメソッドの普及に努める。

 

所属団体 Rosen Institute、日本ソマティック心理学協会